高杉庵もうちょっと
軽井沢の帰りに茅野の「神長官守矢資料館」と「高杉庵」に行ってきました。
というのも、かみさんが星のや滞在中に藤森照信さん「タンポポハウスができるまで」を読破し、「帰りによってみる?」と投げかけてみると首を縦にぶんぶん振ったので寄りました。
ちなみに私は資料館は2度目、高杉庵は初めてでした。






始めは資料館に寄りましたが、あまり大きくないのと、
RCなので結構底冷えがするので、展示品そっちのけで(茅野市の方申し訳ありません)見まくっていると、受付の方に「あれ見に行った?行ってなかったら行ってくれば?」と差し向けてもらえた。きっと設計関係者丸出しだったのでしょう。

d0039780_0215155.jpg
で、資料館からの小道を曲がると・・・・・・

あまりに唐突に現れたので、驚きとともに笑ってしまいました。


d0039780_0232463.jpg
近づくとこんな感じ。
何となくたたずまいが「スナフキン」ちっく。
遠くから見ても近づいてみても、たたずまいが本当に不思議な感じ。
ツリーハウスとは全く違うたたずまいに、
「建築ってなんだ!?」て考えさせられますよね〜


d0039780_0285421.jpg
下から見上げた感じ。
見事に木が基礎の代わりになっている。
しっかり図面を引いて、計算なんかしたら絶対建てられない建築だ!!


d0039780_030232.jpg
資料館に展示してあった藤森さんのスケッチでは、
2本の木を使って、股割れした部分で上屋を支える事で
「剛接合」を目指したとの事。
確かにこの部分は剛に近くなるが、
下の木は完全に「柔」ですよね〜


日常的に基礎のある、当たり前の建築を生業にしていると、
このぐらい頭を殴られる「ショッキング建築」に出逢わないと面白くない。
今問題の偽装構造計算なんて、
この建築の前ではあまりにも小物で無力だ。
「建築する」行為の原始を見せられた感じで、
設計をもっとやろうと言う勇気を与えられました。

ちなみに、ふとしたきっかけでこの高杉庵に昇る事ができた同僚曰く、
「天然免震だよ。ずっと揺れてんだから。怖いよ」
と言ってました。(爆笑)

ほんとうに「建築」ておもしろいですね〜〜〜
さよなら、さよなら、さよなら〜(淀川長治風に)
[PR]
by kametatu | 2005-11-26 00:40 | けんちく
<< 「星のや」ってこんなところ なぜ民間確認機関だけ? >>



住宅設計者の端くれが、日々あれこれあることを、思ったままに書き連ねまし。
カテゴリ
全体
しぜん
つながり
くらし
たび
けんちく
くるま
未分類
お気に入りリンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
7年目の味噌
from 週末は晴れても、雨でも
お正月の食卓
from 週末は晴れても、雨でも
祝!1級建築士合格!!
from 週末は晴れても、雨でも
腹びれ
from 旬太郎
続報
from さとうゆみ☆Smile of..
桶入りの蕎麦。(0815)
from positive think..
■米アップル、ソニー製電..
from NANO-GRAPH BURO
ナガサキ
from K+Y blog
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析