なんだとっ!!?
今日は「なに?なんだと〜!?」の1日でした。

小さな事は置いといて、大きな事を一つ。
今、設計を受けた都内で住宅物件の建築確認を2棟、民間確認機関に出しているのですが、
今日、指摘事項がFAXで来ました。
ま、書き間違いとか記入漏れとかの指摘が多かったのですが、重大な指摘が一つ。



「火気使用室の内装制限事項の明記」

??????

はて? キッチンはIH使って火気使用室にしないように施主からも要望されたのだが。
基準法では火を使う=裸火=ガスコンロの場合は火気使用室と言う制限を受け、
内装に燃えにくい材料(準不燃材)を使い、万が一火災になった場合、
避難できるように煙を抑える「防煙垂れ壁」を設置する様規定されている。
しかし、IHヒーターはそもそも裸火ではないので、火気使用室にはならないのが建築の常識。

早速確認機関の担当者へTEL。

私:「火気使用室って、IH使ってるので火気使用室にはならないですよね」
担当:「いや、IHでもキッチンは火気使用室ですよ。油使ったりしますしね」
私:「基準法では<コンロその他を使用する設備又は器具を設けたもの>
  と言う規定なので、IHでは火は出ないですよね」
担当:「いや、火災時に火は出ますから」
私:「じゃ、居室は全て火気使用室ですか?タバコで火は出ますよね」
担当:「そう言う解釈も出来ますね」
私:「いや、解釈ではなく、規定はあるのですか?」
担当:「消防からそのような指摘を受けた事例がありますので」
私:「じゃ、東京では全て、キッチンは火気使用室と言う扱いですね」
担当:「そう言う事です(きっぱり)」

いや、今まで聞いた事がないっ!!
電話を切った後、懇意にしている事務所などにきいても皆初耳との事。
東京でのたいていの細かな運用は主事会で決まるので、主事会の決定かどうか聞く必要がある、
というアドバイスをくれた方もいらっしゃいました。

高層マンションなどは、火気使用室にするととんでもない避難設備や消防設備を求められるので、
コストダウンのためにIHヒーターにしている事が多いんです。
この辺りにも抵触するような判断を、都がする訳がない。
その判断を、民間確認機関が独自にしているのか?

私の設計物件は梁、柱表しなので、出来れば火気使用室にしたくない。
火気使用室になると、準不燃仕上(梁、柱表しは出来ない)で、天井から50cmの垂れ壁が必要になる。
東京の場合、高さ制限のために結構厳しい北側斜線制限がある。
そのため、構造的に母屋下がりなどの無理をしたくなかったので、高さを抑えるために階高を限界まで抑えた。
よって、50cmの垂れ壁をつけるとたいていの人は頭をぶつける事になる。

この辺りは普段はプランでかわせるようにしているのだが、今回は敷地もキツかったし、
施主の要望で吹き抜け部分にキッチンが来てしまった。
よって、火気使用室には絶対に出来ない。

担当は消防からの指摘と言う事だったので、所轄の消防に確認しようと思ったら既に5時は回っていた。
よって、週明けに所轄への確認。念のため都消防へも確認しよう。
ついでに都の建築指導課にも確認しよう(都の指導課は昔結構ガチンコしたのでヘッチャラ)
国交省住宅局へも確認するか。(認定関係で電話しなれているので)

残念ながら、こちらは建築確認のガチンコは馴れている。
通常7日(1週間)で下りる確認に、6ヶ月ガチンコした事もある。
遵法はもちろんだが、担当個人の過剰指導には徹底的に戦う。
法はあくまで法で、運用者個人の裁量範囲はあろうはずもない。
法が求める以上の安全は設計者が責任のもと考えるもの。
今回も都条例に定めている以上の火災感知器の設置を計画している。

週明けは担当と決戦だ。
[PR]
by kametatu | 2006-04-08 01:58 | けんちく
<< IKEAが日本に進出 MacでWin!? >>



住宅設計者の端くれが、日々あれこれあることを、思ったままに書き連ねまし。
カテゴリ
全体
しぜん
つながり
くらし
たび
けんちく
くるま
未分類
お気に入りリンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
7年目の味噌
from 週末は晴れても、雨でも
お正月の食卓
from 週末は晴れても、雨でも
祝!1級建築士合格!!
from 週末は晴れても、雨でも
腹びれ
from 旬太郎
続報
from さとうゆみ☆Smile of..
桶入りの蕎麦。(0815)
from positive think..
■米アップル、ソニー製電..
from NANO-GRAPH BURO
ナガサキ
from K+Y blog
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析