初めて女性専用車両を見ました
「女性専用車両」と言う名の対策先送り

先日、初めて女性専用車両に誤乗した私です(劇汗)
もちろん私は男です。

乗りなれない出張先からの帰り、いまにも出そうな列車に飛び乗ってしばらく車窓を楽しんだ後、ふと車内をみると女性ばかり。
そのときは女性専用車両の存在さえ知らなかったので、「この辺は女の人多いな〜」なんて、ハイジが駆け回る草原ぐらい牧歌的な私でしたが、もう一度外を見ようと思ってドアの横に張ってある文字を発見!!
「女性専用車両」
ぬかった!そういう事か〜
慌てて隣の車両へ飛び込みました。(笑)
そのとき思い出したのですが、20代前半のころ、東京の東西線と言う結構痴漢の多い路線で通勤していました。
1週間に1度は見かける痴漢逮捕現場。「何やってんだ〜、バカチンが!!」と思うぐらいだったのですが、ある日新聞で「列車内痴漢で冤罪」と言う記事を見て、人ごとじゃないなと冷や汗をかき、それ以降列車に乗るときは鞄をたすきがけにして、両手をつり革の上の棒に置くように心がけました。
痴漢をされた女性はきっと深い傷を心の中に負い、それ以降怖くて乗れないと言う方もいらっしゃると思います。また、痴漢目的で用もないのに朝の殺人的ラッシュに乗り込む馬鹿野郎も居る事も事実です。
でも、毎朝重い鞄をたすきがけにして、両手を1時間近くあげ続け、席が空いても隣が女性であれば座らず(それ以前に寝ている女性に寄りかかられて、あまりに寄りかかりすぎるので肩で「ちょこっ」とつついたら、「何すんのよ!!」的視線でメンチ切られた(大阪弁です(==;)標準語では「睨まれた」経験があり)、ラッシュ車内の女性はある意味「地雷」に近いぐらい注意深く避けていました。
そこで女性専用車両登場!!良いんじゃないかと思います。
昔は多数派だった喫煙車が、今じゃ少数派。
私は煙草を吸いますが、あまりにヤニ臭いので普段は禁煙車に乗り、吸いたいときだけ喫煙車デッキに行きます。
同じように、「男性専用車両」と「女性専用車両」を分けてしまえば。
そうすれば、すくなくとも異性間の痴漢は無くなすはずですよね。(同性間は難しい。私も以前におやぢにケツ触られてビビった覚えがあります)

でも、それって正常な社会なのか、考えてしまいます。
通勤時、地雷に近いぐらい女性を避けていた「自分」
でも冤罪で人生棒に振りたくないと思う「自分」
煙草は吸うけど禁煙車に乗る「自分」

よく分からなくなった現在ではIターンで車通勤。正直「楽チン」です。
[PR]
by kametatu | 2005-05-31 00:48 | くらし
<< 晩節を汚す がんばれニッポンプロダクト >>



住宅設計者の端くれが、日々あれこれあることを、思ったままに書き連ねまし。
カテゴリ
お気に入りリンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..
7年目の味噌
from 週末は晴れても、雨でも
お正月の食卓
from 週末は晴れても、雨でも
祝!1級建築士合格!!
from 週末は晴れても、雨でも
腹びれ
from 旬太郎
続報
from さとうゆみ☆Smile of..
桶入りの蕎麦。(0815)
from positive think..
■米アップル、ソニー製電..
from NANO-GRAPH BURO
ナガサキ
from K+Y blog
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析